静電気は髪の毛や頭皮のトラブルの元である!

冬は静電気が起きやすいですね。びりッってなるのことがよく冬があります。静電気はお肌や頭皮や髪の毛のトラブルになるといわれているので、トラブルを防ぐために制限器対策をしておきましょう。

静電気ってそもそもなんで起きてしまう?

teisuto

静電気はお肌や頭皮、髪のトラブルの元なのですが、いったいなぜ静電気が起きてしまうのかご存知でしょうか?まず静電気が起きやすい状態から見ていきましょう。

tyeku 温度:20度以下

tyeku 湿度:20%以下

tyeku 帯電しやすい服装

この三つが静電気が起きやすい状態です。静電気というのは、小さい粒である原子ですが、+とマイナスの電気があり、この物質を合わせると+と-のどちらかに集まってしまうのです。

冬の季節は乾燥しやすい季節ですので、湿度が下がりやすく、体に電気がたまりやすくなり、溜まっている電気が反応してびりっと静電気が起きてしまうのです。

tyeku 静電気が起きやすい体質もある?

こういった説もあって、静電気が起きやすい体質もあるみたいです。どこ触っても静電気が起きてしまったりするみたいです。原因は血行が悪かったり、生活習慣の乱れや偏った食生活、ストレスや睡眠不足が原因みたいです。

静電気が原因で頭皮や髪の毛のトラブルに!

静電気が原因で頭皮や髪の毛のトラブルになってしまうこともあるみたいです。頭皮の場合静電気で頭皮にほこりがついてしまって、頭皮にほこりが詰まってしまった抜け毛の原因になったり、髪の毛ですと、摩擦によって、キューティクルにダメージがあり、髪の毛のぱさつきの原因だったり、枝毛になったりすることがあります。

静電気を防ぐために、乾燥をさせないことが大事。部屋の湿度や温度を上げることや、髪の毛やお肌に潤いを与えておく。静電気が起きにくい服装を選ぶなどがありますので、まだまだ冬が続きますので、静電気対策をしっかりしておきましょう。

自宅でも簡単に髪の毛の静電気対策がいくつかありますので、ご紹介していきます。

今日からでもすぐできる髪の毛の静電気対策

1.部屋を加湿する

静電気は乾燥している状態が、起きやすいので、部屋を加湿してあげることが大事です。「加湿器を使う」「濡れたタオルを部屋に干す」などをして加湿をしましょう。

髪の毛に良い湿度は「40%〜60%」です。また、部屋の湿度を上げておく以外にも髪の毛を蒸しタオルやミストで少し濡らすだけでも、静電気対策になりますので、静電気を起こすブラッシング前などに行うといいでしょう。

2.シャンプーを変えてみる

シャンプーが原因で髪の毛に静電気が起きてしまうこともあるかもしれません。洗浄力が高いシャンプー剤を使っていると、髪の毛に大事な水分、頭皮の皮脂などを摂りすぎてしまい乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

シャンプーをして髪の毛がぱっさぱさになる、キシミがあるシャンプーを使っている方で、静電気がよく発生する場合はシャンプーを見直してみましょう。

3.洗い流さないトリートメントを使う

乾燥が原因で静電気が発生してしまうことがほとんどですので、乾燥を防ぐために、洗い流さないトリートメントを使うことも静電気対策の一つです。

髪の毛がいつもぱさついている方は、髪の毛が乾燥してしまっていたり、ダメージがあると思いますので、洗い流さないトリートメントを使うのもありかもしれません。

頭皮の静電気対策のまとめ

この記事のまとめ

  • 加湿をして部屋の湿度を上げる
  • 今使っているシャンプーを見直してみる
  • 乾燥を防ぐために、洗い流さないトリートメントなどを取り入れる

静電気ってホント嫌になってしまいますよね…ふとした瞬間「びりっと…」たまになら、仕方がないかって思ってしまいますが、頻繁に静電気が起きると嫌になってしまいます。

部屋で静電気が頻繁に起きる場合は、湿度が低い可能性が大なので、加湿器などを利用して、湿度を上げてみてください。

静電気を甘く見てはいけませんよ。寒い季節は静電気が起きやすくなっているので、しっかり静電気対策を行ってくださいね。

-女性の薄毛の原因

Copyright© 女性育毛剤20代ナビ|薄毛女子に人気な女性用育毛剤ランキング , 2018 All Rights Reserved.